トップページ 
濁酒 清水園
大野見濁酒(火入)
粲(さん)・楼古狸(ろっこり)

     


全国どぶろく研究大会コンテストで粲と楼古狸が優秀賞を頂きました。

     




甘酒
ノンアルコールです。
濁酒に使っている、麹とお米で作ってます。





10/6豊の梅やおり酒で有名な喬木酒造6代目喬木一歩社長とよさこいケーブルテレビの人気番組「大野見キャンプ」で対談しました。



  




第15回全国どぶろく研究大会コンテストで
粲と楼古狸が優秀賞を頂きました。

     



 
9月9日に仕上がりました。
粲はアルコール分15%強でした。
辛口に仕上がっています。
楼古狸はアルコール分15%弱、いつもとは少し違った口当たりになっています。

8月31日に仕上がった、粲・楼古狸共アルコール分15%で、口当たりの良い仕上がりになっています。まだ在庫が有りますので是非お試しください。

次回は、10月中旬頃に仕上がる予定です。
(生)濁酒のご予約はお早めにお願いいたします。




(生)どぶろくを始めました。
(生)濁酒の取り扱いにご注意!!
開封時に噴出することが有ります。
振ったりせず静かな状態でゆっくり時間をかけて開封してください。
ガスが抜けたら、優しく振っても構いません。

※楼古狸は粒が有りませんが、(生)楼古狸は粒が入っています。


(生)・(火入)とも720ml.のご注文は事前予約です。
発送することもできますので、ご利用ください。
価格は火入のものと同じです。

ご注文メールはこちらから
(20歳未満の方にはお酒を販売できません)

ご注文アドレス

   



お知らせです
甘酒350ml.が出来ました。
アルコール分0%です。
生冷凍・火入冷蔵共に600円(税込)
通販サイトBASE ・山八酒店・道の駅なかとさ・アグリコレット・清水園工房でも販売しています。

 
180ml.瓶ができました。
いずれも(火入)です。

事前予約が必要です。

 粲180ml. 600円(税込)
 
 楼古狸180ml. 700円(税込))



濁酒を美味しく召し上がって頂くためのお願いです。
☆(火入)は、冷暗所で保存し、お早めにお召し上がりください。
目安として、製造日から6カ月以内にお召し上がりください。
☆(生)は、冷蔵庫で8℃以下で保管し製造日より60日以内にお召し上がりください。

 粲500ml. (火入) 1,540円(税込)
  楼古狸500ml. (火入) 1,650円(税込)
粲500ml.(生) 1,540円(税込)
楼古狸500ml.粒有り(生)1,650円(税込)
 
 粲720ml.(火入)  1,980円(税込)
 楼古狸720ml(火入)  .2,200円(税込)
粲720ml.(生)1,980円(税込)
 
楼古狸720ml.粒有り(生)2,200円(税込)
 


※贈答用として500ml.2本入り(熨斗)3,300円(税込)~賜ります。
 お気軽にご相談ください。


ご注文・お問い合わせは
〒789-1407高知県高岡郡中土佐町大野見三ツ又37
濁酒特区醸造所清水園
代表 清水美佳
メールアドレス 
oonomi-hime@mb.pikara.ne.jp

ご注文メールはこちらから
(20歳未満の方にはお酒を販売できません)


ご注文アドレス


※ご注文の際は以下のことをお知らせください。
☆連絡先電話番号
☆氏名
☆年齢
☆住所
☆銘柄(生)又は(火入)や本数
(生)は8℃以下で保管し、60日以内にお召し上がり下さい。
(火入)は常温冷暗所で6ヶ月保存できます。
※冷蔵発送になりますが、(生)と(火入)を取り交ぜることもできます。
をお知らせください。
※着払いでお送り致します。
(品代+送料+着払い手数料)

※プレゼントなどで注文者と受取人が異なる場合は、事前支払いもできます。

℡0889-40-2445
携帯090-7576-2445
※お電話でのお問い合わせは、9:00~17:00でお願い致します。


粲(さん)
光るほど白い米の意や白い歯を出して笑う様の意(旺文社漢和辞典 阿部吉雄編)で、きれいな米で作った濁酒を皆で笑いながら楽しく飲んでいただきたいという思いで名付けました。
≪粲は、お米や麹の粒が口の中に広がる、昔ながらの濁酒です。≫


楼古狸(ろっこり)
古狸は、愛知県地方の民話に出てくる古狸の妖怪【のた坊主】のことです。
のた坊主は酒が大好きで、毎夜、人間に化けて酒蔵の酒を盗み飲みしては困らせていましたが、ある日、酒蔵の使用人たちの罠にかかって捕まってしまいます。
しかし、心優しいおかみさんに助けられ、懲らしめられるどころか、おかみさんはのた坊主のすみかの藪にお酒を持って行って飲ませてあげたそうです。
それからは、おかみさんの酒蔵はたいそう繁盛したそうな・・・。
というわけで、皆様も高みに登って世の中を眺めながら、たっぷりと濁酒を飲み交わしてみたらいかがかと思い、楼古狸と名付けました。
≪楼古狸(火入)は、火入前にに米と麹を磨り潰し、清酒の濁り酒を濃厚にした感じで、喉越が良いと好評です。
楼古狸(生)は、桶から直接瓶詰めするので、粒が入っています。≫

清水園の概要
通称 濁酒清水園
代表 清水美佳
高知県高岡郡中土佐町大野見三ツ又37
メールアドレス
oonomi-hime@mb.pikara.ne.jp
電話 0889-40-2445
携帯 090-7576-2445
創業
2015/2/9濁酒特区酒類製造免許取得

事業内容
濁酒の製造・販売
甘酒の製造販売
大野見米四万十の清粒の生産・販売

製品名
濁酒 粲(さん)
濁酒 楼古狸
(ろっこり)
清水園のあまざけ(生冷凍タイプ・火入タイプ)
ブランド米 大野見米四万十の清粒
トップページ