農水省ガイドライン  高知県濁酒研究会 大野見姫
 おおのみe.f  濁酒 清水園  文化的景観
農事法人野の風  お米のご注文   体験・交流
2021年7月19更新


大野見米四万十の清粒
お米の注文はこちら

大野見農事法人野の風2(新ページ)はこちら



濁酒清水園
6月30日、濁酒を仕上げました。
お酒の注文はこちら


    
 
高知県高岡郡中土佐町大野見の風景

里山の四季は、どれも美しい。

 
山々から染み出る水が谷川となり、美味しい米をはぐくみます。
 






ご注文・お問い合わせはEメール又は電話をご利用ください。
〒789-1413 高知県高岡郡中土佐町大野見荒瀬216
TEL090-4335-1887
oonomi-hime@mb.pikara.ne.jp

中土佐町ふるさと納税で大野見米四万十の清粒・濁酒をプレゼント。
高知県中土佐町[なかとさちょう]のふるさと納税で選べるお礼の品・使い道 ふるさと納税 [ふるさとチョイス]


大野見エコロジーファーマーズは私たちがリードしています。
 

 
 

イベント 実施予定月日  場所  内容 
 

お知らせ
2020年産のお米は売り切れました。
2021年産のお米は、随時予約のご注文を受け付けますのでよろしくお願いいたします。

2021/7/5
 清水美佳 圃場5/23~田植え
 にこまる
ヒノヒカリ
 
 細木啓延 圃場5/22~田植え
 にこまる
 
 下元和恵 圃場5/8~田植え
 にこまる
 ヒノヒカリ

2021/6/3
本格的な梅雨に入り稲もすくすく育っています。


2021/5/23~25
田植えが完了しました。
後は、水管理と畔草刈りの日々です。
 

 

 

2021/4/28
太陽光シートをはがして、鳥の食害除けのネットで被覆
 4/28場所によっては成長度が異なる
5/1緑化が進む
 
5/1にこまるは徒長が早い
 
2021/4/21
今日から畔塗作業始まる
  
ウイングモア―導入したので、畔の幅を広げる
 
まっすぐに塗れたかな?
 

2021/4/19
籾播き作業
 土→籾種→散水→薬剤散布→覆土の一連作業
苗箱完成
 
太陽光シートをかけて苗床完成
 

2021/4/14
清水園と細木啓延さんの籾種の芽出しが始まりました。
12日に温湯消毒を済ませ、1週間かけてゆっくり発芽させます。
 
2021/4/4
丈夫な苗を育てるために、JAの育苗センターを訪問しました。
 

2021/2/11
昨年の収穫後3回目の耕転作業
後家の一人百姓は忙しい‼
カメラ片手に、トラクターの操作。
うっかりしてたら、とんでもない方向に進んでいる。
仕事の合間に、庭のフクジュソウを撮ってみると心が和む。
  
2021/2/5
2021年産米作り「はじめの一歩」
昨年の収穫の後、バイオ資材で稲株などの分解のため2度トラクターで耕転した圃場に、ミネラルと堆肥を散布しました。
健康で美味しい稲造りに欠かせない資材です。
来週中に、耕転する予定です。

  
2020/1/5
2021年産の米栽培の準備が進んでいます
大野見堆肥の散布作業

2020/12/24
おおのみファーマーズの取り組み、が中国四国農政局ディスカバージャパン農山漁村(むら)の宝奨励賞を受賞しました。
中土佐町大野見庁舎において中国四国農政局参事官による授与式。

 

2020/10/26
農林課長他2名が、先日行われた大野見米コンテストの賞状と副賞をもって来訪。
賞状の授受式が恭しく執り行われました。
 

 
2020/10/18
清水園では、濁酒とお米の販売をしております。

2020/10/17
第15回大野見しんまいフェスタ
今回は新型コロナのため、FM高知の協力のもとラジオでの開催となりました。
11:00~11:55
懸賞の「餅ばあし」にはたくさんの応募がありました。
米コンテストでは、清水園のお米が優勝しました。



 あいにくの雨の中
 町長・松下社長・大西さん
米コンテストで優勝したので清水もコメント
 
2020/10/14
米検査
にこまるは全て一等
今年は、収量が極めて少なくてがっかりですが、品質は上出来でした。
美味しいお米を、提供できるのでホッとしています。
  

2020/10/7
FM高知の大西さんが初めてのコンバイン操縦体験
17日(土)生放送の前に収穫作業を体験していきました。
 恐るおそる
脚も腕もガチガチ
 
一人で操縦
 



2020/9/23
第15回大野見新米フェスタ3回目実行委員会
FM高知のディレクターとキャスター来訪。
10/17の放送に向けて打ち合わせ。
  
 
2020/9/21
2020/6/25の成長観察に写真を載せました。
 清水
 細木
 下元(和)
高橋
 
下元(敬)
 


2020/7/16
須崎農業振興センター巡回指導
稲の生育状況・水の管理・いもち病・カメムシ防除等についての確認と指導、助言がありました。

 幼穂の確認
 圃場内で説明
 今後の圃場管理について

2020/6/25
成長観察
台風や低気圧の強風でヒノヒカリは倒伏が見られます。
 2020/6/25(5/26田植え 箱苗)にこまる
 8/14

 9/3
9/21
2020/6/25(5/23田植え 箱苗)ヒノヒカリ
 
8/14
 
9/3
 
 9/21

2020/6/25(5/12田植え 箱苗)にこまる
 
 8/14
9/3
 
 9/21
 2020/6/25(6/1田植え ポット苗)ヒノヒカリ
 8/14
 9/3
 9/21
 2020/6/25(5/21田植え ポット苗)にこまる
 8/14
 9/3
 9/21

2020/6/13
稲作にとって大切な時期、梅雨入りです。
成長が遅れていた苗も、雨に打たれて生き生きと成長しています。

5/26
5/22から田植えが始まる
 
5/26
よさこいケーブルテレビの取材
 
 5/26
苗床から圃場へ搬送
 5/26
裏庭が苗床に
 5/11
今年は、気温が低くて成長が遅い
4/11
籾播き

美味しいお米を育む清流
 
 

 
 久万秋の湧水
 評判の美味しい水を出荷しています


四万十の清粒


お米のご注文


特別栽培大野見米(玄米)30㎏
  
 四万十の清粒大野見米(玄米)10㎏

厳選四万十の清粒大野見米(白米)5㎏


お店の準備完了
今年も頑張ります
町長も試食
 


詳しくは、
 お米のご注文です。
皆様のご注文をおおのみエコロジーファーマーズ一同、心よりお待ちいたしております。

 種籾からお米ができるまで一年間の記録
米栽培記録

 2014/12/7土壌改良剤散布
12/8耕転
 
 12/26圃場整備

 4/25浸水
5/3籾播き
 
5/6小さな芽が出る
 
5/9シルバーシートをはがす
 
5/12巡回指導
 
根が出ている
 
5/14荒瀬耕転 
 5/29田植
5/29田植後
 
9/20収穫が近い
 
10/3間もなく収穫
 
 10/7稲刈り2日目
10/7排出・ 搬送
10/7乾燥
 
10/8籾摺り
 
 10/8刈り取り
 今年最後の巡回
 10/9籾摺り
10/11色選調整
 
10/15等級検査
 
10/18米コン2位
 


四万十の清粒 特栽大野見米の栽培状況
エコファーマー認定番号 762009        
下元和恵
 
 5/4

 4/29
 5/3

 7/20
10/6
エコファーマー認定番号 762013        
下元敬造
 5/1
 4/29
 5/8

 7/18
9/25
エコファーマー認定番号 762015        
 下元良之
 4/29

 4/29
  5/4
  7/14
10/9
エコファーマー認定番号 762011        
 清水美佳
 
4/28
 4/28
 5/6
  7/21

10/13
エコファーマー認定番号762010         
高橋正二郎
 4/29
 4/29

5/11
 7/22
10/9
エコファーマー認定番号762012         
 細木啓延
 5/3
 5/9
5/29
 
10/8
 
10/9 
         
自然と共生しながら、美味しいお米を育てるため
谷川の水を圃場に引く水路は、各集落ごとに設けてあり大切に維持管理され水田を潤します。取水口のことを頭首工と言います。
  
 

 

 

 

 
 

豊かな自然の中で、草花が野原を彩り、昆虫たちの活き活きとした営みがあちらこちらで見られます。
 2014・2/16水中の藻
2/16水辺の苔と芹
 
 3/2ニナガイ
20155/13田圃にトンビ
 
6/3日本亀
 
6/3亀、水田を移動中
 
2013・5/1カエルの卵
 
5/1オタマジャクシ・タニシ
 
5/3餌を運ぶツバメ
 
5/9モンシロとアゲハ
 
5/16メダカの群れ
 
5/17巣立ちの日 
5/18ヤマボウシ
 
6/20蛍に似ている虫
 
 6/20仲良し子ガエル
 6/20キツリフネ
6/20バッタの幼生
 
6/20草刈り刃を枕に
 
 7/2ツバメ
7/15メダカ
 
8/13川遊び
 
9/4洪水
 
9/9シュウメイギク
 
9/21曼珠沙華
 
 9/20ゲンノショウコ
 10/10川底まで見える
       

                                                         
どぶろく清水園おおのみe.f


index8html.htmlへのリンク