おおのみe.f    濁酒 清水園 お米のご注文  体験・交流 大野見姫
文化的景観 農事法人野の風
金丸弘美 のスローライフ
 

大野見米四万十の清粒


濁酒清水園
粲・楼古狸

   
ご注文・お問い合わせはEメール又は電話をご利用ください。
oonomi-hime@mb.pikara.ne.jp

TEL090-4335-1887
2018年11月12日更新
    
 
高知県高岡郡中土佐町大野見の風景

里山の四季は、どれも美しい。

 
山々から染み出る水が谷川となり、美味しい米をはぐくみます。
 






ご注文・お問い合わせはEメール又は電話をご利用ください。
oonomi-hime@mb.pikara.ne.jp
TEL090-4335-1887

中土佐町ふるさと納税で
大野見米四万十の清粒・濁酒をプレゼント。
ふるさと納税中土佐町

四万十の清粒が食べられるお店・買えるお店・ご利用いただいている会社等
 中土佐町久礼新港「道の駅なかとさ」 道の駅なかとさ
中土佐町久礼の大正市場「浜ちゃん食堂」浜ちゃん食堂
高知市中央公園前「てんこす」      てんこす
中土佐町大野見「久万秋の湧き水」前    ウェルネス四万十

越井木材工業株式会社の社員食堂  越井木材工業株式会社

大阪府堺市堺区二条道り「トラとウサギの茶飯事」

清水園・おおのみエコロジーファーマーズ行事予定

イベント 実施予定月日  場所  内容 
 久礼お宮さん通り門前市  2018/11/18(日)  久礼お宮さん通り 四万十の清粒大野見米の販売 とCOME☆RISHの活動PR 
上ノ加江ふれあいまつり   2018/11/18(日  上ノ加江漁港  粲・楼古狸の試飲販売・ドライ梨の販売  


11/10
島ノ川渓谷ラン&ウオーク
島ノ川は、自然林の美しい森でしたが植林事業で乱伐採が行われ、杉とヒノキばかりの森になってしまいました。
20年前、自然の森を取り戻そうと、紅葉を植林し、森を整備してきました。
日光が良く当たるように、周囲の植林を伐採したところは紅葉が朝日に輝いています。
参加者30名を募集したら60名の応募が有り、40名の参加となりました。
  
 ゴールでは
 
 七面鳥の串焼き

 
おおのみ米を堪能
 


11/27~28
中央公園にて「第9回おさかなまつり」が開催されました。
天皇皇后両陛下のご公務に伴うイベントです。
COME☆RISHは大野見米とCOME☆RISHの活動のPR、高知大生は七面鳥のお手伝い。
 

 

 
 

 

 

10/23
お知らせ
CATV(よさこいケーブルネット)でおおのみエコロジーファーマーズの「四万十の清粒大野見米」が出来るまでが放送されます。
放送日は、11月中の毎週金曜日午後8時55分~、毎週土曜日午前9時55分~です。


10/21
大野見しんまいフェスタ
今回は、素晴らしい晴天のもと沢山のお客様を迎えることが出来ました。
COME☆RISHも、お弁当の販売・お米の試食、販売の手伝いなどで活躍していました。
 
 お米が足りない!
しんまいフェスタの歌♪
 
COME☆RISH弁当即完売
 
名物 仮装行列(笑)
 
 
10/18
おおのみエコロジーファーマーズの米は、籾摺りのあと、色選機にかけ、未熟米・虫食い・芯白・異物などをきれいに取り除きます。
袋を再度明けるので、袋に少しシワが寄ってしまいますが、その後にJA四万十で検査を受けます。
その結果、食味値80以上・1等級・2等級の米が「四万十の清粒」となります。
  
10/16
米コンテストに出品する米の試食会。
清水栽培のにこまる・下元和恵栽培のヒノヒカリに決定しました。
この様子もCATV(よさこいケーブルネット)の谷脇カメラマンが取材しました。

10/  
10/9
CATV(よさこいケーブルネット)の谷脇さんが撮影です。
継続して、おおのみエコロジーファーマーズの稲作の様子を取材しています。
今日は、槙野々倉庫で籾摺り・清水圃場の稲刈り・長野倉庫の乾燥機等を撮影しました。
  

10/8
COME☆RISH交流圃場の稲刈り。
連続台風にも負けないで、稲も看板も頑張りました。
食味値81・2等級でした。
 
10/5
ホテル城西館で開催された、アサヒ食品とお酒屋さんのイベント「秋酒を楽しむ会」に、今回も濁酒の蔵元では清水園だけが参加させていただきました。
 
300人のお客様をお迎えする
 
準備は上々
 
 蔵元の交流
満席
 
清水園の大切なお客さま
 
酒店店主のご挨拶
 

10/2
そろそろ稲刈りが出来そうです。
(翌日に今年初めての稲刈りをしました。)

9/29
台風24号の接近で今日から雨です。
30日に予定していたCOME☆RISHの稲刈り体験は中止になりました。
清水園の稲刈りは、10月7日頃からになりそうです。

毎日、午前8時ころの圃場の状況です。
 9/28
 9/27
 9/26
 9/25
9/24
 9/23
9/22
 
9/21
 
 9/20
9/19
 

8/29
須崎農業振興センター巡回指導
下元敬造氏圃場にこまるの生育状況
  
8/24
台風19.20号の連発。
丁度穂が出始めたばかりで、花が風に飛ばされると実が成らなくなるので心配していましたが、今日はいっせいに白くて小さな花が咲き、安心しました。

  
8/20
台風のため、農作業も出来ないので、ドライフルーツを作っています。
 ブルーベリー(毎日頂きます)
梨は傷みが早いので、ドライでゆっくり味わいます
 
作業が終わったら、紀子先生のお抹茶を頂きます
 

8/10
今日から、瓶のラベルがリニューアルされます。
大野見濁酒のろっこりが≪楼古狸≫に変更となりました。


COME☆RISHが農林水産大臣賞(食育部門)
 おめでとうございます

7/25
COME☆RISH農林水産大臣賞受賞の報告会(中土佐町庁舎)
 
平成28年に農林水産省が「食育活動表彰」を立ち上げました。
今回はその第2回食育活動表彰にCOME☆RISHの活動が認められてボランティア部門(大学等)の3大学のトップに選ばれました。
審査委員長の東京大学大学院 中嶋康博教授はCOME☆RISHの活動を「(ボランティア部門)では、世代間の交流を活かした食育が見られました。
COME☆RISHは、さらに地域産物を大切にした地域間交流にも取り組んで、現場の活性化につなげています。」
と、大野見米(おおのみエコロジーファーマーズ)と共に取り組んできたことを高く評価しています。


6/23大分県での授賞式
 地域の産物を活動の中に取り込んできたことが評価された
他の受賞者と交流
 
審査委員長 東京大学大学院中嶋康博教授と
 

7/22
COME☆RISHの28名が畔草刈り体験と水生生物調査
 
 

 

 
 

 
 

6/1
久しぶりの晴天
清水園の田植えをCATV(よさこいケーブルネット)の谷脇さんが取材に来てくださいました。
  四万十の清粒を1年を通して取材してくれます。
 日差しが強いと苗も人もしおれる
 苗が少し伸びすぎ
谷脇さん
 
5/27
田植に向けて、ハローで代を馴らす


5/26
よろずAIを撒布
  
5/25
立派に成長した苗
左の列は、にこまる(徒長が早い)、他はヒノヒカリ


4/15
念願の三ッ又地区農業用水路改修工事が完了
今後は、水不足の心配が無くなりそうです。
 

3/15
COME☆RISH2期生が卒業のあいさつに来訪


 午前中今期2回目の耕転
COME☆RISH5名から寄せ書きの色紙を頂きました
 


2/20
農業セミナーご指導いただいた金丸先生が大野見の学校給食センターに講師で来られました



2/15
エコロジーファーマーズ、次年度活動計画会議
本格的にコンテスト出品することになりました



12/21
三ツ又農業用水路の改修工事が始まる前の、役場の担当・請負業者・三ツ又集落、三者確認。
 頭首工付近
 きれいな谷水

12/10
今日から2018年の稲作の準備が始まりました。
 土作りの肥料を撒布します
浅く 耕転します


12/8
おおのみEF会議
29年産米のイベント販売状況、農業振興センターから29年産の各圃場の生育状況等、30年産米に向けて土作り、食味値の向上、コンテスト参加等について有意義な意見交換が出来ました。


11/8
大野見米四万十の清粒を
CATV(よさこいケーブルネット)が取材に来ました。
 
 精米では米の質が分からないので玄米で
インタビューの応答は難しい
 

10/15
大野見しんまいフェスタ
あいにくの雨でしたが、沢山のお客さんでにぎわいました。
COME☆RISHが応援に来てくれました。
  
 精米したお米は完売
0-157 の影響で試食も衛生面が厳しい
濁酒は用意した50本が完売
 

10/9
清水園 今年最後の稲刈り


10/4
三ツ又集落営農の稲刈りが始まりました。
オペレーター 細木
時間が無いので法人のコンバイン要請 
 
10/1
清水園ののシュウメイギクが満開になると稲刈りが始まる。
 可愛いシュウメイギク
 今年は稲穂がきれい
 10/4ヒノヒカリを刈入れ予定

9/21
大野見の稲刈りが始まりました。
台風18号による被害もほとんど見られず、きれいなお米が収穫できています。
エコロジーファーマーズの収穫はもう少し先です。


5/31
5/30~清水園の田植えが始まりました。

5/26
三ッ又集落営農の苗もスクスク育っています。


5/20
下元和恵さんが田植えの最終準備、ハロー搔けをしています。


5/13
清水園荒代掻き

5/9
畔塗
畔塗機を新調しました。

5/2
清水園と野の風の目出し。
目指し機3台で150kgほどの籾を入れます。
仕上げの時はブレイカーが落ちてしまいました。

4/27
清水園でWCSの籾播きを行いました。

4/16
にこまる」が「特A級」になりました。
JA四万十を中心に農家の努力が実りました。


お米セットの新製品です。
価格に送料は含まれません。
 お米2㎏2袋詰め合わせセット 4,000円

脱気してありますので、冷暗所で保存の場合6か月くらいは美味しく召し上がれます。
 お米2㎏・無洗米と水のセット 3,000円



 
 


美味しいお米を育む清流

 
 

 
 久万秋の湧水
 評判の美味しい水を出荷しています


四万十の清粒
ご注文はこちら



 

 


お店の準備完了
今年も頑張ります
町長も試食
 


詳しくは、
ご注文はこちら です。
皆様のご注文をおおのみエコロジーファーマーズ一同、心よりお待ちいたしております。

 種籾からお米ができるまで一年間の記録
米栽培記録

 2014/12/7土壌改良剤散布
12/8耕転
 
 12/26圃場整備

 4/25浸水
5/3籾播き
 
5/6小さな芽が出る
 
5/9シルバーシートをはがす
 
5/12巡回指導
 
根が出ている
 
5/14荒瀬耕転 
 5/29田植
5/29田植後
 
9/20収穫が近い
 
10/3間もなく収穫
 
 10/7稲刈り2日目
10/7排出・ 搬送
10/7乾燥
 
10/8籾摺り
 
 10/8刈り取り
 今年最後の巡回
 10/9籾摺り
10/11色選調整
 
10/15等級検査
 
10/18米コン2位
 


四万十の清粒 特栽大野見米の栽培状況
  笹岡輝彰

4/1

 4/29
  5/8

7/31

10/9
エコファーマー認定番号 762009        
下元和恵
 
 5/4

 4/29
 5/3

 7/20
10/6
エコファーマー認定番号 762013        
下元敬造
 5/1
 4/29
 5/8

 7/18
9/25
エコファーマー認定番号 762015        
 下元良之
 4/29

 4/29
  5/4
  7/14
10/9
エコファーマー認定番号 762011        
 清水美佳
 
4/28
 4/28
 5/6
  7/21

10/13
エコファーマー認定番号762010         
高橋正二郎
 4/29
 4/29

5/11
 7/22
10/9
エコファーマー認定番号762012         
 細木啓延
 5/3
 5/9
5/29
 
10/8
 
10/9 
         
自然と共生しながら、美味しいお米を育てるため
谷川の水を圃場に引く水路は、各集落ごとに設けてあり大切に維持管理され水田を潤します。取水口のことを頭首工と言います。
  
 

 

 

 

 
 

豊かな自然の中で、草花が野原を彩り、昆虫たちの活き活きとした営みがあちらこちらで見られます。
 2014・2/16水中の藻
2/16水辺の苔と芹
 
 3/2ニナガイ
20155/13田圃にトンビ
 
6/3日本亀
 
6/3亀、水田を移動中
 
2013・5/1カエルの卵
 
5/1オタマジャクシ・タニシ
 
5/3餌を運ぶツバメ
 
5/9モンシロとアゲハ
 
5/16メダカの群れ
 
5/17巣立ちの日 
5/18ヤマボウシ
 
6/20蛍に似ている虫
 
 6/20仲良し子ガエル
 6/20キツリフネ
6/20バッタの幼生
 
6/20草刈り刃を枕に
 
 7/2ツバメ
7/15メダカ
 
8/13川遊び
 
9/4洪水
 
9/9シュウメイギク
 
9/21曼珠沙華
 
 9/20ゲンノショウコ
 10/10川底まで見える
       

                                                         
どぶろく清水園   おおのみe.f