農水省ガイドライン  おおのみe.f 大野見姫
 体験・交流  お米のご注文  文化的景観
   濁酒 清水園  

大野見米四万十の清粒


濁酒清水園
粲・楼古狸

   
ご注文・お問い合わせはEメール又は電話をご利用ください。
oonomi-hime@mb.pikara.ne.jp

TEL090-4335-1887
2019年4月24日更新
    
 
高知県高岡郡中土佐町大野見の風景

里山の四季は、どれも美しい。

 
山々から染み出る水が谷川となり、美味しい米をはぐくみます。
 






ご注文・お問い合わせはEメール又は電話をご利用ください。
oonomi-hime@mb.pikara.ne.jp
TEL090-4335-1887

中土佐町ふるさと納税で
大野見米四万十の清粒・濁酒をプレゼント。
ふるさと納税中土佐町

四万十の清粒が食べられるお店・買えるお店・ご利用いただいている会社等
 中土佐町久礼新港「道の駅なかとさ」 道の駅なかとさ
中土佐町久礼の大正市場「浜ちゃん食堂」浜ちゃん食堂
高知市中央公園前「てんこす」      てんこす
中土佐町大野見「久万秋の湧き水」前    ウェルネス四万十

越井木材工業株式会社の社員食堂  越井木材工業株式会社

清水園・おおのみエコロジーファーマーズ行事予定

イベント 実施予定月日  場所  内容 

お知らせ
30年産の大野見米四万十の清粒は完売いたしました。

平成最後の育苗。
令和元年の稲作作りが始まりました。
倉庫で加温し、プール育苗は初めての試みなので、次回に向けての改良点がいくつか有ります。
稲にも、人にも無理のない育苗を目指します。
 4/12籾播き
 4/18加温始める
 4/18小さな芽が出始める
4/18湿度60%・ポリ内25.5~26度
 
 4/19にこまる発芽
 4/19ヒノヒカリ発芽
4/20プール移動にこまる
 
4/20ヒノヒカリ
 
 4/20軽トラで搬入
 4/20プール設置完了
4/22バラつきあるも緑化
 
 4/24緑化進む にこまる
 4/24ヒノヒカリ

 
   

3/14
EF会議
COME☆RISHによる官能検査とそのかつ活用方法等について有意義な意見交換が出来ました.


10/21
大野見しんまいフェスタ
今回は、素晴らしい晴天のもと沢山のお客様を迎えることが出来ました。
COME☆RISHも、お弁当の販売・お米の試食、販売の手伝いなどで活躍していました。
 
 お米が足りない!
しんまいフェスタの歌♪
 
COME☆RISH弁当即完売
 
名物 仮装行列(笑)
 
 
10/18
おおのみエコロジーファーマーズの米は、籾摺りのあと、色選機にかけ、未熟米・虫食い・芯白・異物などをきれいに取り除きます。
袋を再度明けるので、袋に少しシワが寄ってしまいますが、その後にJA四万十で検査を受けます。
その結果、食味値80以上・1等級・2等級の米が「四万十の清粒」となります。
  

10/8
COME☆RISH交流圃場の稲刈り。
連続台風にも負けないで、稲も看板も頑張りました。
食味値81・2等級でした。
 

8/29
須崎農業振興センター巡回指導
下元敬造氏圃場にこまるの生育状況
  

5/27
田植に向けて、ハローで代を馴らす


5/26
よろずAIを撒布
  
5/25
立派に成長した苗
左の列は、にこまる(徒長が早い)、他はヒノヒカリ


4/15
念願の三ッ又地区農業用水路改修工事が完了
今後は、水不足の心配が無くなりそうです。
 

12/21
三ツ又農業用水路の改修工事が始まる前の、役場の担当・請負業者・三ツ又集落、三者確認。
 頭首工付近
 きれいな谷水

12/10
今日から2018年の稲作の準備が始まりました。
 土作りの肥料を撒布します
浅く 耕転します


12/8
おおのみEF会議
29年産米のイベント販売状況、農業振興センターから29年産の各圃場の生育状況等、30年産米に向けて土作り、食味値の向上、コンテスト参加等について有意義な意見交換が出来ました。


美味しいお米を育む清流

 
 

 
 久万秋の湧水
 評判の美味しい水を出荷しています


四万十の清粒
ご注文はこちら



  
 


お店の準備完了
今年も頑張ります
町長も試食
 


詳しくは、
ご注文はこちら です。
皆様のご注文をおおのみエコロジーファーマーズ一同、心よりお待ちいたしております。

 種籾からお米ができるまで一年間の記録
米栽培記録

 2014/12/7土壌改良剤散布
12/8耕転
 
 12/26圃場整備

 4/25浸水
5/3籾播き
 
5/6小さな芽が出る
 
5/9シルバーシートをはがす
 
5/12巡回指導
 
根が出ている
 
5/14荒瀬耕転 
 5/29田植
5/29田植後
 
9/20収穫が近い
 
10/3間もなく収穫
 
 10/7稲刈り2日目
10/7排出・ 搬送
10/7乾燥
 
10/8籾摺り
 
 10/8刈り取り
 今年最後の巡回
 10/9籾摺り
10/11色選調整
 
10/15等級検査
 
10/18米コン2位
 


四万十の清粒 特栽大野見米の栽培状況
  笹岡輝彰

4/1

 4/29
  5/8

7/31

10/9
エコファーマー認定番号 762009        
下元和恵
 
 5/4

 4/29
 5/3

 7/20
10/6
エコファーマー認定番号 762013        
下元敬造
 5/1
 4/29
 5/8

 7/18
9/25
エコファーマー認定番号 762015        
 下元良之
 4/29

 4/29
  5/4
  7/14
10/9
エコファーマー認定番号 762011        
 清水美佳
 
4/28
 4/28
 5/6
  7/21

10/13
エコファーマー認定番号762010         
高橋正二郎
 4/29
 4/29

5/11
 7/22
10/9
エコファーマー認定番号762012         
 細木啓延
 5/3
 5/9
5/29
 
10/8
 
10/9 
         
自然と共生しながら、美味しいお米を育てるため
谷川の水を圃場に引く水路は、各集落ごとに設けてあり大切に維持管理され水田を潤します。取水口のことを頭首工と言います。
  
 

 

 

 

 
 

豊かな自然の中で、草花が野原を彩り、昆虫たちの活き活きとした営みがあちらこちらで見られます。
 2014・2/16水中の藻
2/16水辺の苔と芹
 
 3/2ニナガイ
20155/13田圃にトンビ
 
6/3日本亀
 
6/3亀、水田を移動中
 
2013・5/1カエルの卵
 
5/1オタマジャクシ・タニシ
 
5/3餌を運ぶツバメ
 
5/9モンシロとアゲハ
 
5/16メダカの群れ
 
5/17巣立ちの日 
5/18ヤマボウシ
 
6/20蛍に似ている虫
 
 6/20仲良し子ガエル
 6/20キツリフネ
6/20バッタの幼生
 
6/20草刈り刃を枕に
 
 7/2ツバメ
7/15メダカ
 
8/13川遊び
 
9/4洪水
 
9/9シュウメイギク
 
9/21曼珠沙華
 
 9/20ゲンノショウコ
 10/10川底まで見える
       

                                                         
どぶろく清水園おおのみe.f